スノーボード(スノボー)と同じ感覚をアスファルト上で実現!Tボードメンテナンス法

Tボード-スノーボード、オフトレの2輪スケートボード  
ホーム > Tボードとは? > メンテナンス
お問い合わせ サイトマップ


動画集はこちら

基本的な乗り方
乗り方動画
Tボード質問集
メンテナンス方法
安全に楽しむために
NEW Tボードについて
トラック
デッキ
ウィール
トーションブッシング
スペック
写度計ダウンロード

Tボード 動画

 
grab a tboard and get ready for the ride of your life
   


スノーボード(スノボー) メンテナンス


Tボード(Tboard)のメンテナンス方法

皆様、Tボード(Tboard)の調子はいかがですか?各パーツを交換したり、クリーニングするだけで乗り心地は全く違います。自分にぴったり合ったTボードにカスタマイズしてみてください。Tボード(Tboard)は、水や湿気に非常に弱いので、水分が付着した際はタオル等で拭き取りましょう。保管場所は、湿気が強かったり、直射日光に当たる場所には置かないようにしましょう。 また、デッキの上には滑り止めのデッキテープが貼ってあります。デッキテープはヤスリ状になっており、ヤスリの目の部分に泥やほこりが入りやすいので、汚れたらタオル等で叩くようにして取り除きます。デッキテープが剥がれかけた場合は、のりなどで止めましょう。

トーションブッシングの交換
ウィールの交換
ライザーパッドの取り付け方法
ベアリングの交換とクリーニング
よくある質問
「後輪がカタカタなり始めたけど、もうウィールの変え時?」というご質問が大変多いのですが、一番の原因は滑走中に付着してしまったベアリング周辺の泥、砂、または汚れたオイルなどです。そんな時は、「クレ556」などでよく汚れを取ってキレイにしてみてください。カタカタ音もすぐに取れるはずです。
詳しくはこちら


トーションブッシングの交換

前輪のウィールが曲がる強度を変えるためにはトーションブッシングを交換する必要があります。タイプはソフト・ミディアム・ハードで標準装備としてミディアムが装着されています。
→トーションブッシングご購入はこちら



1
トーションブッシングは前輪トラックのみ組み込まれています。強度が異なるブッシングを使用することで、Tボードのアクションをカスタマイズ(自分の体重やライディングスタイルに合わせて調整)できます。現在販売されているタイプは3つ(ソフト・ミディアム・ハード)

 

2
まず、6角レンチとペンチなどでウィールをはずします。



3
ブッシングはひとつのネジで止められています。ドライバーでネジを取ってください。(かなりきつくネジが止められている場合がありますので、ドライバーで緩めるときに、ネジの頭が舐めらないように気をつけてください)
 

4
ブッシングをはずすときは少し手で捻じ曲げて取るようにすると、簡単にはずすことが出来ます。




3
別の角度から見てみましょう。
 

4
上図はブッシングをはずした状態です。




ウィールの交換

ウィールはウレタンインディーラバーの2つがあります。前後の組み合わせを変えて自分のライディングスタイルに合ったTボードをカスタマイズしてみましょう。
→ウィールご購入はこちら



1
Tボードで走っていると、ウィール(特に後輪)は少しずつ磨耗してきますので、ある程度形が変形してしまったら前後のウィールを交換、または新しいウィールを購入して交換することをオススメ致します。
 

2
まず、6角レンチとペンチなどでウィールをはずします。



4
ボルトを取った状態です。ウィール部分を交換して再度トラックに装着の前に、ボルトに全てのパーツを通します。ボルトに右端のワッシャーから順に穴に通して最後にナットを締めます。*締めすぎるとウィールが動かなくなることがありますので、しっかりと固定するぐらいにしておきましょう。
 

6
ラーバーウィールの各パーツは上図になります。



7
上記はラバーウィール設置状態です。


 
ウィール装着の注意点

1、ウィールを手で掴んで左右に振ったとき、カタカタとスペースが開いている状態がわかる場合はもう一度取り外し、スペーサーやワッシャーの順番などを確認してください。

2、特にインディーラバーは回したときにタイヤがトラックに磨ってしまう場合がありますので、必ず手で回しながらトラックとウィールの間のスペースが少し開いているかを確認して下さい。





ライザーパッドの取り付け

デッキとトラックの間に挟むことで、車高調整を行ったり、衝撃を吸収する役目もあります。例えば前輪ウレタン、後輪ラバーウィールを装着する場合に前輪が少し下がるため、ライザーパッドで少し高さを調整することが出来ます。
→ライザーパッドご購入はこちら





1
デッキとトラックは4つのネジで取り付けられています。
 

2
上図はトラックをはずした状態です。




3
ライザーパッドを穴にあわせます。
 

4
上図はライザーパッドを設置した状態です。




ベアリングの交換とクリーニング

汚れたオイルや細かい砂、さびなどが原因で走行中にカタカタ音がなり始めたり、スムーズに回らなくなり始めるときがあります。ベアリングと周辺のパーツ(ボルト・ナット、ワッシャー、スペーサー等)をキレイにクリーニングしてみましょう。

*Tボード標準はグリースタイプですので、クリーニング不要です。こちらはオイルタイプのベアリングと交換された方への説明となります。






1
ウィールの中心を支えている長いボルトの先端をベアリングに引っ掛けてぐりぐり回すと少しずつベアリングは取れてきます。
 

2
インディーラバーも同様にボルトの先端でベアリングをはずすことが出来ます。


3
各パーツがバラの状態になったら、キッチンペーパーなどを使いきれいに汚れを取ってください。隙間の汚れなどはつまようじなどを利用してクリーニングしてください。
 

4
ベアリングはカップなどに入れて、オイル入れてからよく振ってください。よくふき取ってから再びベアリングをウィールにはめ込みます。この時スペーサーを必ず入れてください。




製品に関するお問い合わせは
Eメールinfo@tierneyrides.jpにて

Copyright © 2013 ティアニーライズジャパン All Rights Reserved.



ティアニーライズジャパン公式サイト ホームページ サイトマップ

エクストリーム系スケートボード関連サイト
フリーラインスケート - 次世代スケボースノボーサーフィンスノーボードスノボー)とスケートボードスケボー)とサーフィンがコンパクトに
ポンプロッカー - 地面に足をつけなくても体重移動だけでぐいぐい進む3輪スケートボードサーフィンオフトレ スケートボードサーフィン動画
Tボード - 雪がなくてもスノーボードスノボー)2輪スケートボードスケボー)のTボードスノーボードカービング感覚を味わえる夏のスノボー
ローデッドボード - 板のしなりが半端でない!バンブー(竹)素材のローデッドボード社ロングスケートボードロンスケ動画紹介
オリジナルスケートボード- サーフィンライフを楽しむ初心者から上級者までサーフィンオフトレに特化してデザインされたロングスケートボード
スノースケートボード - 雪上スケートボードスノースケートボード!日本でスノースケートボードを販売しているのはここだけ。スケート動画
フローボード - 14輪の新感覚スケートボードスケボー)のフローボード!前後7輪ずつのスケボーウィールが連なっているユニークなスケート
ソールアークボード - サーフィン波乗り感覚スノーボード深雪感覚!まるで鳥のように飛んでいるかのように振動を感じない新感覚スケート
ソフトラックス - スケートボードオーリーテクニックコツやり方高さを学ぶオーリー練習用トラックソフトラックス」アメリカでも人気のスケート
キックンゴー - あのローラースルーGOGO(R)が帰ってきた!次世代キックボードキックンゴー」はレバーを踏み込むだけでぐんぐん進む。
ドリフトスクーター - さらに次世代キックボード第2弾「ドリフトスクーター」登場。体を揺らすだけでグイグイ進む新感覚なキックボード動画
バンシーバンジー - バンジージャンプ横乗りスポーツ版。強力な弾力性のあるロープの反動を利用した新しいエクストリームスポーツ
Xスポーツジャパン - ユニークコンセプトのスケートボード通販サイト「Xスポーツジャパン」。各スケートボードウィールパーツデッキトラック
コンクリートウェーブマガジン - スケートボードの本場アメリカで年5回発刊されているスケートボード専門雑誌100%スケートボード関連の雑誌